2006年04月08日

受験にもビジネスにも使われる熟語 人間関係に関する言葉編

4月はさまざまな出会いの季節です。

進学、就職、転勤、転居など人生において転機になる
季節でもありますね。

今回は出会いや人間関係においてよく使われる熟語に
スポットを当ててみましょう。


・次の熟語は読めますか?

「一期一会」







答えはもちろん「いちごいちえ」です。

座右の銘としている人も多いですね。

私も大好きな言葉です。

「出会いはその瞬間が一生に一度限りであると
心得るべきで、人との出会いを大切にしなさい」という
意味です。



・次の熟語は読めますか?

「刎頸の友」







答えは「ふんけいのとも」です。

『刎』は“刀で首を切り落とす”という意味で
『頸』は“首”のことです。

「友人のためならばたとえ首をはねられても
後悔しないほどの親しい間柄」のことです。

中国の故事成語は友人関係に関する言葉が多いですね。

他にも「管鮑の交わり」(かんぽうのまじわり)や
「金蘭の契」(きんらんのちぎり)も同じような意味です。


新しい出会いに緊張もするけどわくわくもしますね。







posted by わくわく at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

受験にもビジネスにも使われる四字熟語 評価する言葉編

3〜4月は受験、就職、昇格と日頃の頑張りが
実際に形となって評価される月でもあります。

そこで評価し、褒める立場の人が使う言葉の中から
間違いやすい四字熟語を集めてみました。


・次の四字熟語の読みはどちらが正解でしょう。

「論功行賞」


1.ろんこうぎょうしょう   
2.ろんこうこうしょう








正解は2の“ろんこうこうしょう”です。

意味は「功績の有無や程度をよく確認した上で、ふさわしい
賞を与えること」です。

例『彼の昇格は上司の指示に忠実に従い、
  実績を挙げたことによる論功行賞だろう』


「多士済々」


1.たしさいさい   2.たしせいせい







正解は2の“たしせいせい”です。

よく読み間違われる四字熟語ですので注意して下さい。

意味は「すぐれた人材が豊富であること」です。

例『あの大学は多士済々の人材がいるので就職先も
  一流企業ばかりだ』

四字熟語一つとっても学ぶことは多いですね。

春は新しい学びを始めるにはうってつけの季節です。

まずは資料請求から始めてみませんか。↓


資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載




posted by わくわく at 22:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

受験にもビジネスにも使われる四字熟語 褒める言葉編

春は受験に合格したり、就職したり、或いは結婚など
おめでたいことが多くなります。

お祝いに使われる間違いやすい四字熟語を例にとり、
正しい言葉で祝ってあげましょう。


初級編

・「豪華絢爛」はどう読むのが正解?


1.ごうかじゅんらん   2.ごうかけんらん







正解は2の「ごうかけんらん」です。

“豪華”とあると続くのは“けんらん”であることは
知ってはいるのですが、漢字を見ると誤って読んで
しまう人も多いようですので気をつけましょう!

“絢爛”とは「まばゆいばかりの美しさ」のことです。

結婚式の披露宴などで
「豪華絢爛な披露宴に出席させていただきましてありがとう
 ございます。」などのように使いましょう。



中級編


・「順風満帆」はどう読むのが正解?

1.じゅんぷうまんぱん   2.じゅんぷうまんぽ







正解は1の「じゅんぷうまんぱん」です。

これは非常によく間違われます。

「航海に出た船が追い風に乗ってスムーズに
 進む様子」が人生の順調さに例えられます。

「○○大学に現役で合格した彼の人生はまさに
 順風満帆だね」というように使います。


上級編


・次の四字熟語はどう読む?

明眸皓歯







答えは「めいぼうこうし」です。

意味は「美しい瞳と白い歯を持っている女性=美人」
のことです。

結婚式の披露宴での挨拶に
「新婦は明眸皓歯の美しい方でありまして・・・」
などと使ってみてはいかがでしょうか。

高校生の常識!新学期までに始めたい!進学ネットで進路選びをスタート!





















posted by わくわく at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

受験にもビジネスにもよく使われる四字熟語 その2

知っているつもりで口に出してしまう四字熟語ですが、
たまに使うと誤った表現になってしまうことがあります。

たまには学び直しておかないと、誤った知識のまま
また使ってしまうことにもなりかねません。


初級編


次の四字熟語はどちらが正解?

1.汚名挽回   2.汚名返上







正解は2の“汚名返上”です。

“汚名”とは「不名誉な評判」のことです。

“挽回”とは「失ったものを取り返すこと」です。

すなわち「汚名挽回」は「不名誉なことを取り返す」
という意味になってしまいます。

使う方は逆の意味で言っているのでしょうが・・・

挽回は“名誉挽回”という時に使います。

「汚名返上、名誉挽回」は一緒に覚えておきましょう。



中級編

次の四字熟語はどちらが正解?


1.換骨奪胎   2.換骨奪体







正解は1の“換骨奪胎”です。

意味は知ってますか?

「文章を作るのに古人の作品を模して語句を変えたりして
 独自の作品を作り上げること」です。

漢字だけ見ると解剖の実験みたいですね。
 
資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載

posted by わくわく at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

受験にもビジネスにもよく使われる四字熟語 その1

四字熟語って、最近ではあまり使われなくなりました。

でも新聞や雑誌、年配の方との会話、そして受験問題には
まだまだよく出てきます。

そこで、比較的よく使われ、間違えやすい四字熟語を
ピックアップしてみます。


どちらが正解?

初級編

1.言語道断   2.言語同断







正解は1の「言語道断」です。

読みも間違いやすく「ごんごどうだん」と読みます。

“ひどくて非難の言葉もでないほどである”ことです。

例「あなたの言語道断な振る舞いに周囲は困っています。」


中級編

1.春風台頭   2.春風駘蕩







正解は2の「春風駘蕩」です。

読みは「しゅんぷうたいとう」です。

意味は「春の風がおだやかに吹く様子」と
「態度や性格がのんびりしている」の二つあります。


「不撓不屈」は何と読む?


1.ふじょうふくつ   2.ふとうふくつ







正解は2の「ふとうふくつ」です。

「困難に遭ってもくじけないこと」という意味です。


資料請求が簡単にできる比較.com!資格スクール多数掲載




posted by わくわく at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

オリンピックで使われる?間違いやすい表現 その4

いよいよ日本最後のメダルのチャンスである
女子フィギュアのフリーが近づいてきました。

こういうときに、期待を込めながら使われる
かもしれない間違いやすい表現を書いてみます。

・どちらが正解?

「日本女子にはメダルをドンヨクに狙って欲しい」

1.貧欲   2.貪欲






正解は2の「貪欲」です。

特に手書きのときに間違いやすい漢字です。

気をつけましょう。



「メダルがとれれば感激もヒトシオだ」

1.一塩   2.一入






正解は2の「一入」です。

この場合は“ひときわ、いっそう”という意味ですので
染色用語で一回浸す「一入」を使います。

「一塩」は料理用語で“薄く塩をふること”です。



「メダルが確実といってもユメユメ油断しないで」

1.努々   2.夢々






正解は1の「努々」です。

最近ではあまり使われず、漢字で書くことも少なく
なってきましたが、“決して〜するなかれ”という
意味です。

原義は“努めて”という意味なので、この漢字を
使用します。

人気の「お仕事」・「学問」ランキング。進路探しのヒントがここにある!



posted by わくわく at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

オリンピックで使われる?間違いやすい表現 その3

いよいよトリノオリンピックも最後の山場である
女子フィギアスケートが近づいてきました。

今度こそ“日本悲願のメダル”を期待したいところ
ですが、あまりプレッシャーもかけたくないですね。

・次の表現はどちらが正解?

「日本人がメダルなんて

1.買いかぶりすぎだ   2.買いかぶりだ






正解は2の「買いかぶり」です。

“本当の実力より過大に評価すること”が「買いかぶり」
ですが、それ自体に“過ぎる”意味が含まれています。
だから、あえて“過ぎ”はいりません。


・「でも演技は○○○○○とまとまって欲しくないね」

1.こじんまり   2.こぢんまり






正解は2の「こぢんまり」です。
もともと“ちんまり”に接頭語の“こ”がついたものです。
“小さくまとまっている”という意味です。

日本人選手には、ぜひ伸び伸びと演技して欲しいですね。


「とにかくイカンナク実力を発揮して欲しい」

1.遺憾なく   2.如何なく






正解は1の「遺憾なく」です。

“心残りなく十分に”という意味ですね。

人気の「お仕事」・「学問」ランキング。進路探しのヒントがここにある!


posted by わくわく at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

オリンピックで使われる? 間違いやすい表現 その2

オリンピック日本代表がメダルまで、なかなか
届きません。

そんなときに使われるかもしれない表現を
みていきましょう。

・次の漢字はどちらが正解?

「メダルがとれないのは日本にヤクビョウガミ
 ついているからだ」

1.疫病神   2.厄病神






正解は1の「疫病神」です。

“災厄”や“厄除け”という漢字から“厄”が正しいように
思いがちですが、元々“疫病(えきびょう)”をはやらせる
神からきているので「疫病神」となるのです。


・どちらが正しい表現?

「日本の実力も○○○○○だったねぇ」

1.見かけ倒れ   2.見かけ倒し






正解は2の「見かけ倒し」です。

「外見は立派に見えるが、実質はたいしたことはない」
という意味です。

ちょっと失礼な表現ですね。スミマセン。


・「ついにメダル獲得のメドが付いた」

1.目途   2.目処






正解は2の「目処」です。

最近は「目途」も使われるようですが、元来は
「もくと」と読むのが正解です。

意味はどちらも「めあて、見込み」ですが、
「目途」のほうは、官庁の文書でよく使われますね。

今後のトリノオリンピックも日本代表選手の活躍に
期待しましょう!




posted by わくわく at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

オリンピックで使われる? 間違いやすい表現

今はトリノオリンピックの真っ最中。

そこでオリンピックで使われるかもしれない
間違いやすい日本語表現や漢字に焦点を当ててみます。

まず、次の漢字は何と読む?


・オリンピックの大舞台で実力を発揮した

1.だいぶたい   2.おおぶたい






正解は2の「おおぶたい」です。
最近は「だいぶたい」の誤用も認められつつ
あるようです。


次の漢字はどう書く?

・オリンピック出場は困難にもタユマヌ心の強さがあったからだ

1.絶ゆ間ぬ   2.弛まぬ






正解は2の「弛まぬ」です。
「弛む」の意味は“だらける、怠ける”ですから、
「弛まぬ」は“だらけない”ということですね。


・次に続く表現はどちらが正解?

「この調子だとメダルは

1.射程距離に入った   2.射程に入った






正解は2の「射程に入った」です。
射程の「程」の字には距離をあらわす意味が備わっているので
「距離」という字は不要なんです。

日本人選手には早く“射程に入った”メダルを取って欲しいですね。





posted by わくわく at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

読めるのに書き間違いやすい漢字 その2

新聞や雑誌に出てくれば難なく読めるのに
いざ、書くとなると間違ってしまう漢字の
第2弾です。

次の漢字はどちらが正解でしょうか?

・「その企画ではガリョウテンセイを欠くなぁ」

1.画竜点睛   2.画竜点晴






正解は1の「画竜点睛」です。
意味は「それによって事が完了する最後の
仕上げ」のことです。

“睛”は目偏であり、“ひとみ”のことです。

また読みも“ガリョウ”ですので知っておきましょう。



・「まあまあ、そう怒らないでキゲンを直してよ」

1.気嫌   2.機嫌






正解は2の「機嫌」です。

気分に関することなので“気”の漢字を
使いがちです。
意外に多い誤字です。


・「最終試験はコウトウシモンです。」

1.口頭試問   2.口答試問






正解は1の「口頭試問」です。

口で答えるのだから、“口答”と書いてしまいそう
ですが、“口頭”には「頭を向けて口で述べる」という
意味があります。

「口頭弁論」も合わせて覚えておきましょう。

posted by わくわく at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。