2007年04月22日

ビジネスで使う意外と間違いやすい漢字1

ビジネスの世界では結構使われるものの、誤読や
誤用をしやすい漢字を集めてみました。

誤って覚えてしまうと、なかなか周りから指摘されることが
ないので、これを機会に覚えておくといいですね。

漢字は知っていても意味がわからないと、自在に活用
することはできません。

あわせて、読み方だけでなく、意味や用例も知っておくと
役に立つことでしょう。


次の漢字の読み方と意味を考えてください。

喧伝







けんでん」と読みます。

『世間に言いふらしたり、さかんにいいはやすこと』
という意味です。

「世に広く喧伝された出来事なので、ご存知の方も
 多いと思いますが、・・・・・」



凡例







はんれい」と読みます。

『本などのはじめに記す表記などの約束事』のことです。

「巻頭に凡例を載せているのでご確認いただきたい
 のですが・・・・・」



遡及







そきゅう」または「さっきゅう」と読みます。

本来は後者の読みが正しいようですが、会話の中では
「早急」間違えやすいし、今では「そきゅう」の方が
よく使われるようです。

『過去のある時点までさかのぼって効力や影響が
 及ぶこと』です。

「この件については遡及して認可して
 いただきたいと・・・・・」



いろいろなことにチャレンジしたい季節になりました。↓ 

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求




posted by わくわく at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

法律用語の漢字をチェック

法律用語は専門的で一般的にはわかりにくい語句が
多いですよね。

でも平成21年までには「裁判員制度」が始まり、
もしかしたら私たちも裁判に参加することに
なるかもしれません。

新聞でよく見かける法律用語くらいは知っておく
必要があるようです。


次の法律用語の読み方と意味は?


遡及







答えは「そきゅう」です。

“法律の効力を施行以前にまでさかのぼって適用すること”です。


幇助







答えは「ほうじょ」です。

“いろいろな方法で他人の違法行為を助けること”です。


誣告罪







答えは「ぶこくざい」です。

“他人を罪に陥れる目的で、偽りの告訴・申告をすること”です。




裁判の“被告人”とは縁がない幸せな人生を送りたいものです。

それには「子育て」から大切なことがよくわかります。

子どもが小さいときは特に男性の場合、働き盛りでなので、
忙しさにかまけてついつい母親に子育てをまかせっきりに
なることが多いようです。

今は少子化で近所付き合いも少なくなり、近くに実の親がいない場合は、
お母さんも大変です。

子育てのストレスやノイローゼから、深刻な事件に発展
しているケースもあります。

私自身の反省も込めてぜひ、世の父親たちは子育てに参加
していただきたいと思います。

仕事に余裕ができる年代になると、すでに子供は大きくなっており、
親は疎んじられてしまいます。

将来、悔いを残さないためにも、子育てに積極的に参画して、
一緒に“遊んだり、笑ったり”、時には怒ったりしてください。

子育ての情報を得るためには中央出版の「まなびどっとこむ」が
わかりやすくて充実しています。


子育て情報はまなびどっとこむのサイトでチェックしてください!





posted by わくわく at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

焼き物で有名な地名は読めますか

日本全国には有名な焼き物の産地があります。

有田(ありた)焼や九谷(くたに)焼が有名ですね。

その他にも有名な焼き物の産地があります。

何気ない会話や文章で教養が試されますね。

代表的な地名は覚えておきたてものですね。


焼き物で有名な次の地名は何と読むでしょう。

信楽







答えは「しがらき」です。
滋賀県の南部地方に位置します。


益子







答えは「ましこ」です。
栃木県にあります。


砥部







答えは「とべ」です。
愛媛県に位置します。

あと

伊万里(いまり)

唐津(からつ)

万古(ばんこ)

膳所(ぜぜ)

常滑(とこなめ)


なども覚えておきたいですね。



漢字や日本語は大事なコミュニケーションツールです。

でもほかにもいろいろあるようです。↓

『30日で!コワイくらいモテる男に生まれ変わる184の魔法!ビギナーズ・ブック』
posted by わくわく at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

この国字を知ってますか? 2

前回に続き、国字の紹介です。

「働」や「躾」「腺」「俣」も国字です。

冬の季節に定番の「炬燵」(こたつ)や「凧」(たこ)も
国字です。


では次の国字は何と読むでしょうか?









答えは「かすがい」です。

意味は“日本の材木をつなぎあわせるためのコの字形の釘”
のことです。

よく「子は鎹」と言いますね。
まさに子どもは夫婦をつなぎとめるための「かすがい」の
役割を果たしてくれているわけですね。










答えは「しゃく」です。

そうです。「しゃくにさわる」の癪です。

“腹が立ったり、怒ったり”することですね。



自分の子どもに対して「癪」にさわることなく接することが
でき、親子のコミュニケーションがとれれば最高ですね。


ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字をどんな親でも幼稚園児に、2週間以内でマスターさせることができる科学的根拠に基づく確実な方法



posted by わくわく at 15:43| Comment(1) | TrackBack(1) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

この国字を知ってますか? 1

漢字のほとんどは中国から輸入されたものです。

でも中には日本で作られた国産の漢字があります。

これを「国字」といいます。(「和字」ともいいます)

有名なのでは「峠」や「匂い」という字があります。

今回はよく使われる国字を紹介します。


次の国字は何と読むでしょうか?









答えは「かみしも」です。

“昔の礼服、上下に分かれた衣服”のことです。










答えは「おもかげ」です。

もちろん「面影」と同じ意味です。

“弟には兄のおもかげをみる”ことからそのように
読むようになったそうです。


ちなみに「匂い」は“良い香り”のことです。

「臭い」と書くと“悪いにおい”のことです。

区別して使いましょう!


自分の子どもにできれば親子のコミュニケーションもとれ
一石二鳥ですね。


ひらがな/カタカナ/足し算/引き算/漢字をどんな親でも幼稚園児に、2週間以内でマスターさせることができる科学的根拠に基づく確実な方法









posted by わくわく at 19:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

一つの漢字で三通りの読みがあるもの

昔、中国で栄えた国により発音が異なるため、同じ漢字でも
読み方が違うものがあります。

まぎらわしいですが、覚えておくと一目置かれますよ。


次の漢字は何と読むでしょうか?

1.経文

2.経書

3.看経








答えは

1.きょうもん

2.けいしょ

3.かんきん
  です。
  
1は呉音、2は漢音、3は唐音の読みです。

なお、3の「看経」とは“経文を読むこと”です。



さて次は


1.外題

2.外国

3.外郎








答えは

1.げだい

2.がいこく

3.ういろう
  です。

同じく1は呉音、2は漢音、3は唐音の読みです。

「外題」とは“書物・掛け軸などの表紙に記してある書名・題名”
のことです。

「外郎」はもちろん、あのお菓子の“ういろう”ですが、
江戸時代は痰に効く丸薬の名前だったそうです。


上記のような漢字や雑学を活用して、コミュニケーションが
上手にとれれば・・・↓

もてる方法!決定版 100%モテる これが最強の恋愛術


posted by わくわく at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

漢字の知識 「魚の名前」

お寿司屋さんに行くと、びっしりと魚の漢字が書かれている
湯呑み茶碗が出てくることがあります。

ふりがなを振っていると“なるほど”と思いながら
うなずいたりするのですが、ふりがなのない“魚編”の漢字を
見てもなかなか思い出せません。

今回は身近な魚で、何種類かの漢字がある魚を見てみてます。

例えば

ひらめ⇒平目、鮃、比目魚

と3つの漢字があります。

次の魚は何と読むでしょう?

細魚
針魚
竹魚








答えは「さより」です。

その名の通り、長細い魚です。




青魚
春告魚








答えは「にしん」です。


松魚
堅魚








答えは「かつお」です。

これは「鰹」の漢字が一般的ですね。


どの字もそれぞれの魚のイメージを何となく
表してますね。


漢字の知識を活用して、コミュニケーションが上手にとれれば・・・↓

もてる方法!決定版 100%モテる これが最強の恋愛術
posted by わくわく at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

漢字の読みの知識 「湯桶読み」

次に二字以上の熟語で上が訓読みで下が音読みの読み方を
「湯桶(ゆとう)読み」といいます。

例えば

漢字   読み

相性⇒あいショウ

粗利⇒あらリ

結納⇒ゆいノウ

夕飯⇒ゆうハン



では次の読み方は?

1.御大

2.帯封








正解は

1が「おんタイ」、2が「おびフウ」です。


意味は

“御大”とは「一家の主人を親しんでいうときの呼称、御大将の意味」

“帯封”とは「新聞や雑誌を郵送するときに、中央を帯紙で封をすること」


正確に覚えておきましょう。



posted by わくわく at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

漢字の読みの知識 「重箱読み」

漢字の読みは基本的に「音読み」と「訓読み」の
2種類に分けられます。

二字以上の熟語はどちらかの読みに統一するという
ルールがあるのですが、すべてが当てはまる訳では
ありません。

「重箱(じゅうばこ)読み」というのは、その読み方の通り、
上の字が音読みで、下の字が音読みの熟語を言います。


例えば次のような熟語です。


漢字       読み

勘所⇒カンどころ

県境⇒ケンざかい

親身⇒シンみ

役場⇒ヤクば

台所⇒ダイどころ

どれもカタカナが音読みで、ひらがなが訓読みです。



なかには間違いやすい読み方もあります。

次の読みを考えてください。

1.業腹

2.総花







正解は

1が「ゴウはら」、2が「ソウばな」です。

“業腹”とは「非常に腹の立つこと」、
“総花”とは「すべての関係者に利益を与える」という意味です。

気をつけて覚えたいですね。







posted by わくわく at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ビジネスや会議で使われる四字熟語

ビジネスシーンでも何気なく四字熟語を使うと
一目(いちもく)置かれます。


会議で他人の意見に同調ばかりして、自分の意見を
述べない人がいますね。

そういうときは付和雷同(ふわらいどう)を使います。


「会議では安易に付和雷同するのではなく、自分の意見を
 述べて欲しい」


「付和」は相づちを打つこと、「雷同」は
雷が鳴るとこれに応じて山や谷も鳴り響くことです。

つまり、自分の意見を持たず簡単に他人の意見に同意して
しまうという意味です。




社内外で根回しをしたり、有力者を引き入れたりして
自分に有利になるように秘かに行動する人がいます。

こういうときは権謀術数(けんぼうじゅっすう)を使います。

「相手の権謀術数のせいで取引先を失ってしまった」

どちらかというと、あまりいい意味では使いません。

「権謀」とはその場に応じたはかりごと。
「術数」は人を欺く策略のこと、です。


「術数」は“じゅつすう”ではなく、
じゅっすう」と読みます。

間違わないようにしてください。




posted by わくわく at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 四字熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。