2007年04月26日

ビジネスで使う意外と間違いやすい漢字5

ビジネスで使う意外と間違いやすい漢字5

日常の何気ない会話で、自分の知らない表現や
慣用句を使われたとしたら、知らない自分が
少し恥ずかしくなりませんか?

そして自分しらない表現を自然に言える相手に
対して畏敬の念を抱きませんか?

毎日一つの熟語や慣用句、四字熟語を覚える
ことができたなら、数ヵ月後には結構な
ボキャブラリーになります。

それでは次の漢字の読みと意味を考えてください。


壊死







えし」と読みます。

『生体の一部が死滅すること』です。

例;「凍傷によって足の一部の組織が壊死した」


流布







るふ」と読みます。

『世間に広まること』です。

例;「風説の流布でも罪になるよ」


呵責







かしゃく」と読みます。

『厳しくとがめたり、責めること』です。

例;「今日やったことについて良心の呵責に苦しむ」


もうすぐ「母の日」。後で“良心の呵責”を感じないように
ちゃんとプレゼントを贈ってみませんか? ↓

毎週金曜日はポイント最大3倍!さらに4倍のチャンスも!




posted by わくわく at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。