2007年04月26日

ビジネスで使う意外と間違いやすい漢字4

ビジネスで使う意外と間違いやすい漢字4

何の疑問もなく、読み流しているような漢字でも
実は誤読している漢字がだれにでもあります。

それは30歳になっても40歳になっても、或いは
一生あるかもしれません。

でも新しく知るということは好奇心の表れでもあるし、
年をとれば脳の活性化にもつながります。


次の漢字の読みと意味を考えてください。


月極







つきぎめ」と読みます。

『一ヵ月いくらと決めた契約』のことです。

特に駐車場の看板で多いですね。

「げっきょく駐車場」と読む人も少なくないようです。



更迭







こうてつ」と読みます。

『ある地位に就いている人を別の人に入れ替える』
ことです。

“地位を奪う”イメージがありますね。

「あの大臣は不祥事で更迭されて
 一議員となった」


反故







ほご」と読みます。

簡単な漢字ですが、知らないと読めない漢字ですね。

元々は『書き損じた紙』のことでしたが、ビジネスの
現場では、『約束や決まりごとを無効にする』という
意味でよく使われます。

「あの会社との契約が一方的に反故にされた」


月極で支払う講座もあるかな? ↓ 

比較.comで簡単スクール選び!資格と講座の資料を無料で一括請求



posted by わくわく at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。